スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団のメリット・良い点

ここまで普及してきた羽毛布団ですが、従来の綿布団などと比べて
いったいどういう点で優れているのでしょうか。
羽毛布団のメリット・羽毛布団の良い点についてもう一度考えてみましょう。
羽毛布団の正しい選び方を理解する上では絶対に欠かせないポイントとなります。



まずは何といっても『軽さ』です。

大体1.0kg~1.4kgくらいの羽毛布団が多いですが、
従来の綿布団に比べて圧倒的な軽さとなります。
しかも綿布団を使用した場合、一枚では寒いため
毛布などをもう何枚か掛けなければならず、
更に重くなっていきます。

では、軽いと何がいいのでしょうか。

軽いということは体にかかる負担が少なくなります。
つまり、血管に対する圧迫が少なくなるのです。
東北から北海道のような寒い地域で真冬に綿布団の場合
10kg以上掛けないと寒さをしのぐことはできません。
想像してみて下さい。
体に10kgもの負担がかかっているのです。
当然、血液は圧迫され、血流は悪くなってしまいます。
羽毛布団が健康にいいと言われている理由の1つは『軽い』ことなのです

軽いだけならタオルケットだって軽いですよね。

ただ羽毛布団はさらに『温かい』のです。
良質ものになれば真冬でも1枚で過ごすことができます
1kgちょっとの負担で済むということになります。

これが羽毛布団以外の寝具ではできないのです。

羽毛布団は羽毛布団それ自体が温かいわけではありません。
羽毛布団のなかで羽毛が蓄えている空気が自分の体温で温められていきます。
要するに自分の体温で温めているから温かいのです。

ちなみに体温の2度下くらいがもっとも快適に眠れる寝環境だとされていますが、
良質の羽毛布団の場合ちょうどこのくらいの温度になると言われています。

『軽い』のに『温かい』これが羽毛布団最大のメリットです。

更に、羽毛布団には『湿気にくい』というメリットもあります。
湖に生息する水鳥の羽毛を使用しているため、
羽毛(ダウンボール)は水気をはじきます。
人間を含め動物は体を冷やすことは絶対に良くありません。
水鳥も同じですから、水で体が冷えないように水をはじく特性があるのです。

では、その羽毛が布団になるとどういう良い点があるのでしょうか。

当然、人は寝ている間に汗をかきます。
一晩で200ml、コップ一杯分もの汗をかくそうです。
この毎日出る汗を羽毛は溜めこむことはありません。
すぐに発散し、いつでも快適な湿度を保つようにしてくれるのです。

ということは自然に吸湿発散を繰り返す羽毛布団は干さなくていいのです
これも羽毛布団の大きなメリットと言えるでしょう。
スポンサーサイト
羽毛布団のメリット | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。