スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団の収納方法

さて、羽毛布団はどのように収納するのがベストなのでしょうか?
確かに羽毛布団はかさばりますから収納方法に困ってしまいます。
羽毛布団の収納方法は様々な情報が飛び交い、
非常に誤解されていることがあるように思います。
ここでは羽毛布団の正しい収納方法を考えていきましょう。

まず、布団圧縮袋の使用ついては賛否両論あるみたいですが、
やはり、使用しない方がよいでしょう。
羽毛布団に充填されている羽毛は生きていると考えて扱う必要があります。
呼吸が全くできなくなる圧縮袋は羽毛布団の収納方法としては
適していないと考えられます。

また、圧縮袋をしようすると羽根が折れてしまうからなどの理由をよく聞きますが、
確かにそれもあるかもしれません。
ただ、何よりも呼吸ができないことで羽毛が死んでしまい、
羽毛自体が復元しなくなってしまう可能性があるようです。
要するにかさ高がなくなってしまうということです。
そしてかさ高がなくなると肝心の保温力が失われていきます。

万が一、羽毛が復元しなくなってしまうともう二度と元に戻りません。
せっかく高いお金を出して購入した羽毛布団が台無しになってしまいます。
そうならないためにも圧縮袋の使用は避けたほうが無難です。

では、羽毛布団はどのように収納しておけばよいのでしょうか。

羽毛布団は購入した時に入っている袋に入れて収納するのがよいと思います。
羽毛布団の収納袋は、通気性を良くするための工夫がされており、
大体の場合、不織布で作られています。
その袋に入る程度に空気を抜き収納袋に入れて保存しておきましょう。
羽毛布団は空気が抜きにくい綿布団と違いそこまでかさばることはなく
購入した時の収納袋にそのまま収納し保管できるのです。

また、収納場所ですが、よくベッドの下の収納に布団を収納される人がいます。
―――ここから圧縮袋という選択肢が出てきてしまうことが多いようです―――
しかし、ベッドの下は汗がたまりやすく湿気がたまりやすいので、
収納場所としては適していません。(ちなみに洋服なども適していません)
湿気は低いところへ流れますので、押入れの上の段など
少し高いところで保存しておきましょう。
スポンサーサイト
羽毛布団の収納方法 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。