スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛の産地

羽毛布団ではよくポーランド産とかハンガリー産などと
耳にすることがある思います。
羽毛の産地は、羽毛布団の選び方の中で重要な項目の1つとなります。

これは羽毛布団が製造された場所ではなく、
羽毛を採取した場所を指しているのです。
この『羽毛の産地』も『羽毛の種類』と同様に重要な
羽毛布団を選ぶためのポイントとなります。


<関連記事>
羽毛の種類

羽毛の主な産地は中国、台湾などのアジア圏と
ポーランド、ハンガリー、イングランドなどのヨーロッパ圏となり、
その他、シベリア、カナダ産等も有名です。

では、どこの羽毛が良質なのでしょうか。

中国、台湾の羽毛はほとんどが食用からの副産物のため、
布団の充填物としてはあまり適していません。

ヨーロッパ産でも食用から副産物として羽毛をとっていますが、
中国、台湾産よりも寒い地域のため、ダウンボールが大きく羽毛布団としては良質です。

一般的には寒い地方の水鳥の方が豊かなダウンボールを持っているため
良質とされています。

ただ、そこまで産地にはこだわらなくてもいいと思います。
もちろん羽毛布団の選び方のなかで重要なポイントであることは間違いないのですが、
それだけが重要かと言うとそういうわけでもないのです。

ポーランド産の羽毛布団とシベリア産の羽毛布団、
どちらがいいかと言われるとどちらとも言えません。
産地だけでは選ぶ基準とはならないのですね。
産地の他にも重要なポイントはいくつもあるのです。

要は『かさ高があり、軽い羽毛布団が良い』と
考えていただければどこの産地でも構わないのです

だだ、軽くて温かい羽毛布団が作りやすいのは厳寒地で育った
水鳥の羽毛だということです。

問題は、その『かさ高』です。
かさ高が高ければそれだけ多くの空気を含むため、
より温かいということになります。

<関連記事>
羽毛布団の品質表示

また、ダウンボールが大きければ少ない量でかさ高をだすことができるため、
より軽い羽毛布団を作ることができるのです。

つまり、厳寒地で採取された羽毛はダウンボールが大きい。
                ↓
軽くて温かい羽毛布団を作ることができる。ということになります。
スポンサーサイト
羽毛布団の産地 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。