スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団のサイズ選び

羽毛布団の選び方サイズも重要なポイントです。

もちろん羽毛布団のサイズはベッドや敷き布団の大きさに合わせて選ぶのですが、
注意していただきたいのは羽毛布団のサイズには一般的にシングルとタブルしかありません

要するにセミダブルやクイーンサイズの羽毛布団は
ごく稀に売っているところを見ますがほとんどないのが現状です。
(ネットだと結構売ってますね・・・)
例えあったにしても、そのカバーを探すのに苦労することでしょう。
百貨店などで一般的に販売されているのはシングルとダブルしかないのです。

ベッドのサイズはシングルで約100センチ、セミダブルで約120センチです。
羽毛布団のシングルサイズは約150センチですから人の厚みを考えても、
セミダブルベッドであれば羽毛布団はシングルサイズでよいでしょう。
(セミダブルは通常一人用と考えています) 

ベッドがクイーンサイズの場合、約160センチから170センチですが、
ダブルの羽毛布団で約190センチですから、
1人で寝るなら十分ですが、2人で寝る場合には少し足りません。
クイーンサイズのベッドにダブルサイズの羽毛布団を2人で使用すると
人の厚みも加わり、両端があいてしまい冷気が入ってきてしまうのです。
折角、良質な羽毛布団を購入してもこれでは意味がありません。

この場合、クイーンサイズの羽毛布団を探すか、
シングルサイズを2枚買うかという選択になります。

カバーの手に入りやすさから考えれば、
シングルサイズを2枚にされる方がおすすめでしょう。

羽毛布団は質ばかりではなく適正なサイズを選ぶことも重要なのです。



ベッド・敷き布団のサイズ

おすすめの羽毛布団のサイズ

シングルサイズ(約100センチ)

シングルサイズ(約150センチ)

※セミダブルサイズ(約120センチ)

※シングルサイズ(約150センチ)

ダブルサイズ(約140センチ)

ダブルサイズ(約190センチ)

ワイドダブルサイズ(約150センチ)

ダブルサイズ(約190センチ)

クイーンサイズ(約160~170センチ)

シングルサイズ2枚もしくは  

クイーンサイズ(約225センチ)

 

※セミダブルサイズをお二人で使用する場合は、羽毛布団はダブルサイズにしましょう。


スポンサーサイト
羽毛布団のサイズ選び | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。