スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団の側生地

羽毛布団の側生地ですが、通常は綿かポリエステルになります。
安価な羽毛布団の側生地には綿ポリ混合の記事が使われていて
高価な羽毛布団になるにつれて綿が使われている割合が多くなります。

当然、綿の方が肌触りもよいのですし、汗の吸湿発散性もよいのですが、
なかでも超長綿と呼ばれる極細の長い綿で繊細に織られた生地は最高の感触です。
常にさらっとしていてべとつき感もまったくありません。

また、数十万円以上の羽毛布団になるとシルクで作られた生地も出てきます。
もちろん肌触りも最高ですし、シルクが持つ美肌効果も期待できます。
吸湿発散性にも優れているため綿以上に常にさらさらしています。
ただ、メンテナンスや耐久性の面では少し難がありますので
購入の前にメンテナンス方法や取り扱い方を良く調べてみて下さい。

では、側生地にはどこまでこだわればいいでしょうか。
羽毛布団の選び方としてはどのくらい重要なのでしょうか。
確かに羽毛布団にはカバーを掛けてしまいます。
だから側生地は何でもいいかと言うとそうでもないのです。

やはり、繊細で柔らかく織られた生地はカバーを掛けてもその柔らかさは分かります。
その柔らかさが身体への密着度となり、温かさへとつながっていくのです。
ですから、せっかくなら側地にもこだわってみましょう

羽毛布団を選ぶうえで側生地の重要度は高いと思ってください。

また、羽毛布団の生地には羽毛の吹き出しを防ぐために
ダウンプルーフ加工というのがされています。
熱とローラーで生地の目を潰していくのが一般的ですが、
化学薬品を使用する場合もあるようです。
この加工だと生地がガサガサ音がする場合があります。
羽毛布団のこのガサガサ音がするのを嫌がる人は結構多いのですよね。
この様に、生地の素材だけでなく表面処理の方法によっても大きく変わってきます。

最近では新しい繊維や表面処理の方法が次々と開発されています。
特徴を良く確認し、理解したうえで選ぶようにしましょう。


もちろん、羽毛布団の中に充填されている羽毛自体も重要ですが、
その良さを最大限に引き出してくれる側生地も同様に大切なのです。
羽毛布団はある程度の金額からは側生地によって変わるところがあります。
だからこそ羽毛布団を選ぶうえでは重要なのです。


<関連記事>
羽毛布団のキルトについて
羽毛布団の吹き出しについて
スポンサーサイト
羽毛布団の側生地 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。