スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団の普及の歴史

羽毛布団はヨーロッパではかなり昔から存在していたようです。
日本においても明治時代頃からからあったようですが、
当時は超高級品で、庶民には全く手が届かない贅沢品でした。

昭和40年代になり、国民の所得が増え、
また、羽毛布団に課せられていた高い物品税も廃止され
徐々に普及していくこととなります。

更にその後、中国との関係が良好になり、
安価な羽毛が安定して輸入できるようになった結果、
爆発的に普及していくこととなります。

ただ、この急激な普及が羽毛布団に悲劇をもたらします。
急激な普及に整備が追い付かず、
そこに目を付けた悪徳業者がでてくるのです。
中身を偽装して販売する業者が出てきたり、
品質に対して法外な値段を付けて売っていたりしました。

悪徳業者の出現と悪質な訪問販売により、
羽毛布団に対する信頼はなくなっていきます。
今でも、羽毛布団は眉唾ものだと考えていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。
たしかに今日でも羽毛布団の訪問押し売り販売が存在するようです。
これには気をつけなくてはなりません。

ただ、実際の店舗やネットで販売されている羽毛布団に関しては
ようやく品質と価格のバランスが良くなってきました。

羽毛布団に対しての偏見を払拭しようとメーカー側も必死で努力をしています。
今は昔のように実際には中身が違うなんてことも
少なくなってきていることでしょう。

しかしながら、そうは言っても未だに粗悪品が売られている可能性は否定できません。
そういった羽毛布団を選ばないためにもしっかりとした知識と選び方を身につけておく
必要があるのです。
スポンサーサイト
羽毛布団の普及の歴史 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。