スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダウンの混合比率

羽毛布団の定義はダウンが50%以上入っているもので、
スモールフェザーが50%以上入っていると羽根布団と定義されます。
当然、ダウンのほうが保温力が高いですから
ダウンが多い羽毛布団のほうが温かいのです。

<関連記事>羽毛布団とは何か

では、どの程度ダウンが入っているのが理想なのでしょうか。

もちろんダウンのほうが保温力がある以上、比率が高いにこしたことはありません。
ちなみにダウンが95%、スモールフェザーが5%というのが黄金比率と言われています

ただし、羽毛布団の選び方のなかで、ダウンの比率はあまり気にしなくてもよいと思います。

というのは「ダックダウンが95%の羽毛布団」と「グースダウンが90%の羽毛布団」
ともに店頭で見かけることがあります。では一体、どちらが良質なのでしょうか?  

一般的にはグースダウンが90%の羽毛布団の方が、
ダウン比率は低いのに良質ということになるでしょう。
要は羽毛の品質の方が重要なポイントなのです。

ダックなのかグースなのか、産地はどこなのか
またどのくらいの量が入っているのかのほうがよっぽど重要です。
ダウン比率が高くても充填されている量があまりにも
少ないとなると温かいとは限りません。
一枚で、もしくは二枚重ねで温かくないならいくらダウン比率が高くても
良質な羽毛布団と言うことはできないのです。

しかもある程度の価格の羽毛布団はほとんどの場合ダウンは90%以上入っています。
5万円も出せばほぼ間違いなく90%以上のダウンは充填されています。
となるとダウン比率が選ぶ基準になることはほとんどありません。
ましてやダウン比率を決め手にすることはまずありません。

上記の理由からダウン比率ばかりを気にして
羽毛布団を選ぶことはあまり得策とは言えません。
ダウン比率はあくまでも目安程度で考え、
鳥の種類や産地などの羽毛の品質にこだわって選ぶようにしましょう。
スポンサーサイト
ダウンの混合比率 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。