スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

二枚重ねの羽毛布団

羽毛布団には1枚のものと2枚重ねになっているものがあります。
この2枚重ねになっている羽毛布団は、800~1000グラムくらいの合い掛け布団と
400グラム前後の肌掛けの2枚重ねとなります。

春・秋は厚手の合い掛け布団を使い、夏は薄手の肌掛けを使います。
冬はその2枚を重ねて使います。

因みにこのような商品です。
     ↓
西川ダブルサイズ2枚合わせタイプ上質羽毛掛けふとん(ツインダウン)(オープン価格)【西川寝具専門店 久保ふとん店】

では、1枚タイプの羽毛布団と2枚タイプの羽毛布団とどちらを選ぶべきなのでしょうか。

予算があり、本当に上質な羽毛布団を選ぶなら1枚タイプ、
予算を抑え暑がりな人は2枚重ねの羽毛布団を選ぶといいでしょう


予算をだすなら羽毛布団最大の特徴である軽さを追求することができます。
その場合は1枚タイプを選ぶ方がよいでしょう。
それこそ1000グラムくらいの1枚タイプの羽毛布団も選ぶことができます。
ただ、ここまで軽くて温かいとなると最高品質の羽毛が入り価格も高価になっています。

<関連記事>
羽毛布団のメリット

2枚重ねの羽毛布団では軽さを追求することはできません。
とにかく軽くて温かい羽毛布団が欲しい、また通年で使用したいという方は
1枚タイプを選ぶようにしましょう。

しかし2枚重ねの羽毛布団は夏は肌掛け1枚で使うなど、
季節に合わせてフレキシブルに利用することが可能です。
本当に暑がりな人は真冬だけ2枚重ねにして、
それ以外の季節はどちらか1枚を使うのがいいでしょう。

ということは真冬以外は1kg以下しか掛けていないことになりますので、
暑がりな方にとっては1枚タイプの羽毛布団を通年で暑いなか使用するより、
合い掛けか肌掛けだけを使用する方がむしろ軽いということもあります。
ご自身が暑がりかどうかをしっかりと見極めて購入してください。

最近、良く見るようになった2枚重ねの羽毛布団ですが、
2枚重ねで使うと重さはありますが、1枚ずつ使うこともできるという機能性があります。
その機能性から、特に暑がりな人はおすすめなのです。
スポンサーサイト
二枚重ねの羽毛布団 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。