スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

20万円以下の羽毛布団の選び方

15万円~20万円の羽毛布団となると最高品質のものを選ぶことができます。

まず羽毛ですがポーランド産などの厳寒地で育った
ホワイトマザーグースを選びましょう。
ホワイトグースダウンではなくホワイトマザーグースダウンです。
もちろんハンドピックで採取されたものを選んでください。
更に、ダウン比率は95%以上のものがよいでしょう。

<関連記事>
羽毛布団の産地
ハンドピックとマシンピック
ダウンの混合比率

このクラスの羽毛布団で最も大事なポイントは軽さの追求です。
せめて、1.2㎏以下であって欲しいものです
産地にこだわり、ダウン比率が高く、軽い羽毛布団を選らんで下さい。
となれば二枚重ねの羽毛布団ではなく、一枚タイプの羽毛布団がよいでしょう。
羽毛布団のメリットを全て追求できる価格帯ですから
一切の妥協をせず、より完璧な羽毛布団を探してくださいね。

<関連記事>
羽毛布団のメリット
二枚重ねの羽毛布団

当然、側生地にもこだわります
生地をこすってみてガサガサ音がしないものがよいでしょう。
超長綿でしなやかで柔らかい側生地を選らんで下さい。

側生地で身体への密着度が変わります。
密着度が高いと冷気は入りにくくなり、
羽毛布団に体温も伝わりやすくなるため、より保温力も高くなるのです。
この価格帯を選ぶかたは必ず側生地も確認してください。

<関連記事>
羽毛布団の側生地

正直、これ以上の価格になってもより品質があがるとも思えません。
アイダーダックである必要はありませんし、
側生地がシルクである必要もないと思います。
どちらもステータスの問題で、羽毛布団の機能としては変わらないからです。

<関連記事>
極上の羽毛~アイダーダックダウン

15万円から20万円で機能として最高の羽毛布団はきっと見つかるでしょう。
温かくて、軽くて、臭いはなく、肌触りがよく、身体に密着し、耐久性がよい。
そのメリット全てを兼ね備えた羽毛布団を是非見つけて下さい。

<関連記事>
5万円以下の羽毛布団の選び方
10万円以下の羽毛布団の選び方
15万円以下の羽毛布団の選び方
スポンサーサイト
20万円以下の羽毛布団の選び方 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。