スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団の耐久性

羽毛布団はどのくらいの年月使用することが可能なのでしょうか。

耐久性によっても選び方は変わってきますので参考にしてみてください。

一般的に羽毛布団は掛け布団のなかで、
最も耐久性があり、長く使うことができます。
もちろん正しいメンテナンスが前提です。

<関連記事>
羽毛布団のメンテナンス

質にはよりますが、羽毛自体はかなり長い年月使えるのです。
極端な話100年でも持つ羽毛は存在しているそうです。
要するにへたってしまうことがないということです。

問題は側生地です。
側生地さえ持てばいいのです。
羽毛布団の側生地は通常中から羽毛が吹き出さないように、
またダニなどが中に入らないようにかなり細かく繊細に織られています。
かなり丈夫に作られているため、あまり痛むことがありません。

羽毛布団は羽毛も側生地も耐久性が良いのです。
もちろんグレードにもよりますが総じて長持ちすると言ってよいでしょう。
よく羽毛布団の耐用年数を15年~20年としているのを見かけますが、
最高級のものになると更に長く使えるはずです。
更にリフォームをすればほぼ一生使えるのです

<関連記事>
羽毛布団のリフォーム

ただし、羽毛布団の耐久性はある程度値段に比例します。
価格があがれば側生地が良くなる傾向にあるからです。

側生地が良くなるということは身体への密着度も高くなり保温力も良くなります
機能性、耐久性が共に良くなるのです。

つまり、良い羽毛布団を購入すれば毎日快適に眠ることができ
さらにそれが長い期間となるのです。

そのことも踏まえて羽毛布団を選んでくださいね。
スポンサーサイト
羽毛布団の耐久性 | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。