スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団のキルトについて

羽毛布団の側生地はマスを作り、お部屋のように仕切られて縫製されています。
綿布団等には見られない縫製・作り方ですよね。

<関連記事>
羽毛布団の側生地

何故このようにマスを作るのかと言うと、やはり羽毛の偏りを防ぐためです。
綿とは違い羽毛は単体で存在していて、軽いため動いてしまうのです。
寝返りを打った時などに羽毛が寄ってしまいます。
羽毛が寄ってしまうと場所によって保温力が違ってきてしまいます。
多くなったところは温かいですが重く、逆に少なくなったところは寒くなってしまいます。
そこで羽毛が寄らないようにマスを作りお部屋のように仕切るわけですね。

つまり羽毛を各マスごとに均等に(通常は)分けます。
部屋ごとに仕切るというイメージですから当然壁が必要になります。
そこで表地と裏地の間に弁といわれる壁を作ります。
この壁は空気は通すのですが羽毛が他の部屋へ行かないようにする役割をしています
このような羽毛布団の作り方を立体キルトと呼んでいます。
ちなみに、今、販売されている羽毛布団のほとんどが立体キルトだと思います。

以前は表地と裏地が碁盤のように縫製されてくっついていました。
このキルティングだとくっついている側生地が邪魔をして
羽毛本来のかさ高がでないのです。
また、この方法でも羽毛は偏らないのですが、
表地と裏地がくっついているためその部分は膨らまないので、
保温力も欠けてしまいます。

なので、最近では立体キルトと呼ばれる表地と裏地の間に弁を付けて
羽毛布団全体がしっかりと膨らむように作られるようになったのです。

またこの立体キルトは更に進化していき、
表地側が横3マス、裏地側が4マスになっている羽毛布団等もでてきています。

ただ基本的には4×5マスの羽毛布団が良いと思います。
マスは少ないと身体へのフィット感がなくなりますし、
マスが多いとかさ高・ふくらみはでにくくなります。
4×5マスくらいが適当だと思います。

キルティング方法が選ぶ基準にはなりませんが、
少なくとも表地と裏地が縫い付けられている羽毛布団だけは選ばないようにしましょう。
あまり見かけることはありませんけどね。
スポンサーサイト
羽毛布団のキルトについて | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。