スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

悪徳商法対策とは

羽毛布団は、訪問販売での強引な押し売りや、
無料クリーニングと偽り
「カビが発生しているから買い替えたほうがいい」などと言って、
新たに買わせるといったような悪徳商法に、
今でも利用されています。

羽毛布団は価格差があまりにも大きく
また安価なものと高価なものの見分けが難しいため
こういった悪徳商法に利用されるのでしょう。

訪問販売や押し売りによる被害は
いまだにあとを絶ちません。

では、悪徳商法に引っ掛からないようにするためには
どうすれば良いのでしょうか。

勘違いしていただきたくないのですが、
羽毛布団の知識を身に付けましょうと言うわけではありません。
もちろん羽毛布団に関する知識があればあるに越したことはありませんが。

要は押し売りなどの悪徳商法に対してどうすればいいのかということです。

まずは、訪問販売に対しては毅然とした態度で断るしかありません。
無料点検などと言って家に上がろうとしますがきっぱりと断りましょう。
とにかく「無料~」と言う甘い言葉には気を付けてください。
ただより高いものはないのです。

と言っても、このくらいのことは誰でも心得ているはずです。
それでも言葉巧みに時には脅して売りつけるわけですから
悪徳商法も大したものです。

では、買わされてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。
当然、その業者に契約解除・キャンセルの申し出をします。
しかし、間違いなくそう簡単にはキャンセルさせてくれません。
「キャンセルされたら首になる。家族が路頭に迷う」などと言ってきます。
(この前テレビでやってた手口です。
犯罪行為なので首になったほうがいいと思いますが)

断りきれない場合は近くの消費者センターに問い合わせましょう。
次は恐らくクーリングオフという手続きになると思います。  

訪問販売などで販売されている羽毛布団に
その価格の価値があることはまずありません。
もし、あったにしても素人には判断ができないので
全てまがい物だと思っていたほうが間違いありません。

本当にいい羽毛布団は押し売りで販売するものではないですから。

スポンサーサイト
悪徳商法対策とは | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。