スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クーリングオフについて

気を付けてはいても訪問販売などで羽毛布団を買わされてしまい、
業者がキャンセルを受けてくれない場合、クーリングオフの手続きをしましょう。

基本的に購入してから8日以内ならクーリングオフが可能です。

ただ、クーリングオフを適用したいと申し出ても
悪徳業者はまだごちゃごちゃ言ってきます。

契約書にキャンセルできないと書いてあるとか、
今回の場合は適用外だとか言って、
何とかキャンセルを阻止しようとしてくるでしょう。

もちろん適用外の場合もなくはないのですが、
キャンセルできないと契約書に書いてあっても、
キャンセルしないと自分で書名したとしても
クーリングオフは適用されることがあります。


ただし自ら店頭に出向き購入した場合にはクーリングオフは適用されません。

訪問販売などは消費者が正しい判断ができないと考えられていて、
それを守るためにクーリングオフという制度があるのです。

ここまで言ってもまだキャンセルさせてくれないなら、
消費者センターにすぐに連絡をしましょう。
どうしてもキャンセルしてくれない場合は
行政書士などの専門家にお願いした方が良いでしょう。


そこまで行くとクーリングオフをするにしても、
大変な労力と精神力を使うことになります。
最初から強い意志できっぱりと断るほうがよっぽど楽なのです。

羽毛布団は昔と違い最高品質のものでも
(アイダーダックを除いて)何十万もすることはありません。

羽毛布団商法の被害額の平均が約50万円位だそうですが、
そんなに高額な羽毛布団はいまやデパートでも
ほとんど売っていないのです。

確かに以前は羽毛布団は高価でしたので
そのくらいはするのかなと思ってしまう人もいるかもしれません。
ただ今は値段が下がってきているのです。
ですので訪問販売で何十万もする羽毛布団が
適正な価格なわけがありません。
絶対にだまされて買わされないように注意しましょう。

<関連記事>
悪徳商法に利用される羽毛布団
悪徳商法対策とは
スポンサーサイト
クーリングオフについて | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。