スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羽毛布団のリフォーム・打ち直し

羽毛布団のリフォーム・打ち直しは、
約5年に一度くらいでいいと思います。
正直、もっと長く使用できる羽毛布団も多いとは思いますが。
あくまでも平均で約5年くらいだということです。

ちなみに綿布団の場合、2年に一度くらいは
リフォーム・打ち直しが必要です。

羽毛布団を使っているとよく羽毛が吹き出してきます。
当然、羽毛の吹き出しをおさえるためダウンプルーフ加工というのが
生地に施されていますが、多少は吹き出してきてしまいます。
これは、わずかながら入っているフェザーの芯が
生地に刺さりそこから出てきてしまうためです。

<関連記事>羽毛の吹き出しについて

そのため、数年間、羽毛布団を使用していると
徐々に羽毛が減っていき、かさ高がなくなっていきます。

羽毛のグレードにもよりますが、
真冬に1枚で使って寒いようならリフォーム・打ち直しの時期でしょう。

リフォーム・打ち直しの内容は一般的に羽毛の充填と洗浄、生地の張り替えとなります。
この一連の作業で1セットという業者さんがほとんどだと思います。
充填する羽毛の質、量などにより価格が変わりますが、
ご使用の羽毛布団の生地、羽毛の質などをよく調べ、
グレードがあまり変わらないようにリフォームの依頼をしましょう。
リフォームしたのに質が落ちてしまうことは避けたいところです。

また、家族の構成が変わったりしたときには、
羽毛布団のサイズ変更のリフォームも可能です。
新たに購入するという選択肢もありますので、
どちらがお得かよく考えてみて下さい。

昔から、羽毛布団のリフォーム、打ち直しでの訪問販売によるトラブルは多発しています。
法外な値段をとられるのですが、最近でもまだこの手の悪徳商法はあるようです。

<関連記事>
悪徳商法に利用される羽毛布団
悪徳商法対策とは
クーリングオフについて

アイダーダックを除いて、羽毛布団のリフォームにかかる値段は数万円です。
生地の張り替えから羽毛の充填・洗浄までやったとしても
10万円以上かかることはまずありません。 

まずはリフォームの見積りをとり、適正な値段かどうかしっかりと確認しましょう。
スポンサーサイト
羽毛布団のリフォーム・打ち直し | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。