スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

激安の羽毛布団の口コミ

激安羽毛布団
特に12月から1月のセールの時期によく見かけます。

インターネット販売でも
1万円を切る激安の羽毛布団を売っていますし、
ニトリやイオンなども激安の羽毛布団を販売しています。

激安羽毛布団の口コミをみると
意外にも温かいという声が多く見られます。

こういう口コミをみると、
安くて温かいならそれで十分なんじゃないか、
わざわざ何万もだして買う必要はないんじゃないか
と思う人がいてもおかしくありません。

激安の羽毛布団が温かいというのには
幾つか理由があります。

まずは重量です。

激安の羽毛布団の場合は
シングルサイズでも大体1.4㎏くらいあります。

そこまでダウンボールが大きくない羽毛でも
たくさん入れることで温かくできます。

しかし、より上質なダウンボールの大きい羽毛を使用すれば、
そこまで充填しなくても温かい羽毛布団をつくることができます。

つまり、より軽い羽毛布団が作れるのです。

軽いということは身体への圧力を軽減し、
毛細血管を圧迫しないため身体への負担を和らげてくれます。

これが上質な羽毛布団の特徴なのです。

また、激安の羽毛布団でも温かい
という口コミがある要因は側生地にあります。

激安の羽毛布団では側生地に綿ではなく、
ポリエステルが使われていることが多いのです。

ポリエステルは綿よりも吸湿性や発散性が劣ります。
つまり寝汗により羽毛布団が湿っぽくなります。

この湿っぽさが温かく感じさせるのです。
人は湿っぽいと暑く感じます。
夏も気温だけでなく湿気があるからより暑く感じるのです。

つまり、激安の羽毛布団は、
側生地がポリエステルで蒸れるため
温かく感じるということです。

より温かいならと思うかもしれませんが、
快眠できる温度は体温の2℃下だとされています。

蒸れてしまうと体感温度はそれ以上となり
逆に寝苦しくなります。
しかも、使用できる時期もかなり限られることになります。

上質で高価な羽毛布団は側生地が綿しかも超長綿で
作られているので蒸れることがなく常に適温で眠ることができます。
蒸れ感からくる暑さがないので使える季節も多くなります。

だからといって、激安の羽毛布団が悪いと言っているわけではありません。

激安というコスト的なメリットがありますからね。

真冬だけ温かい羽毛布団としては十分に機能してくれます。
もちろん、それでよければ激安の羽毛布団でこと足ります。

ただ、激安の羽毛布団でも側生地や重量は異なります。
しっかりと比較だけはして購入するようにしましょう。
スポンサーサイト
激安 羽毛布団の口コミ | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。